Natsuyoshi-Jr Blog

技術や趣味や日常生活で調べたことを投稿していこうと思います。

2018年6月1日にLINE Payのポイント還元率に関する規定が変わったので変更内容を把握した

前々からアナウンスされていたように、2018年6月1日にLINE Payのポイント還元率に関する規定が変更されました。

official-blog.line.me

変更点は下記の通り、

変更前

  • ポイント還元率は2% (100円につき2ポイント還元)

変更後

  • ポイント還元率は0%~2%。バッチカラーという会員のグレードみたいなものがあってそのグレードによって還元率が変わるらしい。
  • 10万円を超える買い物はポイント還元の対象外。

 

グレードによって還元率が変わる仕組みが導入されたことは分かった。しかし、どうなるとグレードが上がるのかという条件がいまいち分からない。

アナウンスのページには

新しいプログラムは、前月20日までのQR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高での支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、送金機能などのサービスご利用度合いによって[グリーン, ブルー, レッド, ホワイト]のいずれかのバッジカラーに判定され、カラーによって、段階的にインセンティブがプレゼントされるものです。月々のバッジカラーは変動的で、「LINE Pay」ユーザー全体と個人の利用状況をもとに、相対的に判定、毎月1日に更新されます。

 

 と書かれている。相対的に判定ってどういうこと?いまいちよく分からない。

少額でもLINEのサービスを色々と使う広く浅く型のユーザーの方が高いグレードにいけるのか、それとも使っているサービスは1つだが1つサービスで高額を使う狭く深く型のユーザーの方が高いグレードにいけるのか。

この点ははっきりして欲しいです。

ちなみに規定が変わった6月の私のグレードは

f:id:masaharu-s:20180602181441j:plain

レッドで還元率は0.5%らしい。先月まで2%だったので1.5%ダウンです。

 

今まで2%の還元があったので楽天銀行デビットカードよりもLINE Payを使っていましたが、今回の改定で還元率が楽天銀行デビットカードよりも下回ってしまい私にとってのメリットがなくなってしまったので今後はLINE Payを使うの躊躇するようになりそうです。

せめて今月の還元率が1%だったら違ったのになぁ。。。