Natsuyoshi-Jr Blog

技術や趣味や日常生活で調べたことを投稿していこうと思います。

麦茶の美味しいつくり方 by 伊藤園

livedoorのニュースを見ていて目についた記事があった。

伊藤園に聞く、麦茶の美味しいつくり方」という記事。

news.livedoor.com

今はいつでもこの記事を閲覧出来ますが、いつリンク切れになるか分からないのでBlogにメモとして残しておこうと思います。

 

やかんでお湯出しする場合

やかんにパッケージ裏面に記載されているティーバッグ1袋あたりの適正分量(1袋あたり500ml)の倍数の軟水を用意し、沸騰させたら一度火を止めます。

水の分量に適した数のティーバッグを入れ約10分待ちます。

10分後、箸などでよくかき混ぜ取り出します(味の好みにもよりますが、ティーバッグを長時間浸した状態にすると若干の苦味が出てしまいます)。

冷蔵庫でお好みの温度に冷やしてお召し上がりください。 

水出しの場合

軟水1Lを用意し、冷水用ポットにティーバッグ2袋を入れ水を注ぎます。

冷蔵庫に入れ、約2時間冷やします。

2時間後、箸などでよくかき混ぜ、お好みの濃さになったらティーバッグを取り出します。 

 お湯出しでも水出しでも

  • 軟水を使う
  • ティーパックを取り出す時間

がポイントのようですね。

水道水は軟水 or 硬水

水道水が軟水か硬水か分からなかったので水道局のHPで調べて見た。

硬度はカルシウムとマグネシウムの総量で表され、硬度の高い水を硬水、低い水を軟水といいます。硬度の高い水は、飲用に際して硬い味がする他、石けんの泡立ちを悪くします。横浜の水道水の硬度は概ね56 mg/Lで、軟水に属します。

横浜市 水道局 水質課 水質検査項目の一覧

とありました。どうやら横浜市の水道水は軟水のようです。

お湯出しも水出しも軟水がいいらしいので、どうやら水道水で大丈夫そうです。